現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > 基地対策 > 航空機(飛行機)騒音に関するQ&A


ここから本文です。

航空機(飛行機)騒音に関するQ&A

ページ番号 C1003625  更新日  平成29年3月1日

航空機(飛行機)騒音に関するQ&A

1.なぜ茅ヶ崎市上空で騒音被害が発生するのですか。

 騒音被害の主な原因は、横須賀港を母港としている米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機によるものです。この米軍機が厚木基地と洋上の空母との間を行き来するほか、空母の入港中に厚木基地を拠点として行われる訓練等により本市の上空でも大きな騒音被害が発生します。

2.航空機騒音の被害に対する補助等はありますか。

 住民の皆様の航空機騒音の被害を軽減するため、防衛省南関東防衛局により住宅防音工事の助成が行われています。 住宅防音工事の助成を受けるためには、助成を希望するご自宅が1.対象エリア2.対象となる建築年月日のいずれの条件も満たしていることが必要となります。住宅防音工事の助成に関する詳細は、次のリンク先をご参照ください。

3.いつ騒音が発生するのか知りたいです。

 空母の入港中に厚木基地を拠点として行われる訓練等により大きな騒音被害が発生しますが、訓練等について米軍側からの事前の情報提供は基本的にありません。硫黄島での離着陸訓練のような特別な訓練の際に、事前に情報提供される場合もありますが、米軍側の判断によるものとなっております。
 空母の入出港情報及び空母艦載機の訓練等については、次のリンク先をご参照ください。

4.住宅防音工事を行う業者は、国や市で紹介してくれるのですか。

 国や市が住宅防音工事を行う特定の業者を紹介することや、工事を行うことができる業者を指定することはありません。業者の選定及び契約はご自身で行っていただくことになります。なお、助成金の交付決定の前に、工事に着手した場合は助成が受けられませんのでご注意ください。

5.FCLP,NLPとはどのようなものですか。

【FCLP(陸上空母離着陸訓練)】
 空母艦載機が陸上の滑走路を空母の飛行甲板に見立ててタッチアンドゴーを繰り返す訓練(Field Carrier Landing Practice)の通称です。この訓練のうち夜間に行われるものを夜間離着陸訓練(Night Landing Practice)、通称NLPと呼んでいます。
 なお、米海軍では昼夜の訓練を区別していないため、NLPは夜間に行われるFCLPを指すために米海軍と日本政府間で定められたものであります。

6.米軍機の飛行ルートを知りたいです。

 米軍側から明確な飛行ルートについては示されておりません。しかし、訓練等で空母艦載機が厚木基地と洋上の空母との間を飛行するため、その間に位置する本市の上空(特に東側)も飛行エリアの一部になっているものと考えられます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 広域事業政策課 広域政策担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る