現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > ごみの出し方 > スプレーかんに穴をあける方法について


ここから本文です。

スプレーかんに穴をあける方法について

ページ番号 C1003250  更新日  平成26年10月20日

スプレーかんに穴をあける方法

火の気のない、風通しの良い場所で穴あけをしてください

1 中身を使い切り、空(から)にしてください
 ボンベ等を振って液体が残っているような音がする場合は中身が残っていますので、必ず最後まで使い切ってください。

【参考1】
 平成19年製造以降のカセットこんろには、ガスの気化を促進し、ガスを使い切るようにヒートパネル方式の加温装置がついています。
 使い切れないものや処理方法のお問い合わせは「日本ガス石油機器工業会」(電話0120-14-9996)へお願いします。
【参考2】
 エアゾール缶のガス抜きについてはガスを確実に安全に排出するための、キャップ・ボタン等が装着されているスプレーかんがあります。ガス排出方法については、各製品記載の説明に従ってください。

  2 火の気のない、風通しの良い場所で穴あけをしてください
   カセットこんろ用のガスやエアゾール缶のガスは一般的に空気より重いため、ガスが滞留しやすいので台所のシンクでのガス抜きや穴あけは絶対にしないでください。
 
 ・周囲に火の気のない場所、風通しの良い場所(出来れば屋外)で必ず穴あけをしてください。
 ・くわえタバコをしながらの穴あけは危険ですから絶対にしないでください。
 
  穴あけ作業は市販の穴あけ器を使用していただければ簡単にあけることが出来ます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境事業センター 業務担当
〒253-0071 茅ヶ崎市萩園1085
電話:0467-57-0200 ファクス:0467-86-6833
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る