現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > 身近な取組方法の紹介 > エコ・クッキングをはじめよう!


ここから本文です。

エコ・クッキングをはじめよう!

ページ番号 C1003469  更新日  平成26年10月20日

「エコ・クッキング」とは?

環境問題の気付きの場として、「食」を通して、「身近な題材で、体験的に楽しく考える」というコンセプトのもと、買い物から料理、片付けに至るまでの一連の流れを通して環境に配慮した食生活を提案します。

(注)エコ・クッキングは、東京ガス株式会社の登録商標です。

買い物

  • ごみの少ない買い物
     (例)必要な分だけ買う・マイバッグを持参する
  • 食材の選び方
     (例)旬の野菜を選ぶ・地場野菜など、地域で取れたものを買う
  • 環境に配慮した容器包装
     (例) 過剰包装の商品は買わない

料理

  • 省エネ料理
     (例)ガスは中火で使用する
  • 同時調理
     (例)野菜を茹でたお湯は、他の料理に使い、最後には食器洗いに使用
  • 皮や葉を使った料理
     (例)皮はむかずにそのまま食べる

片付け

  • 水の節約
     (例)たらいを使って、必要最小限に
  • 水の汚れを防ぐ
     (例)古布などで油汚れを先に落とす
  • 生ゴミの上手な処理など
     (例)ちらしでゴミ箱を作る

エコクッキングのようす

環境市民会議「ちがさきエコワーク」では、環境にやさしい行動を広めるため、ちがさき環境市民講座を開催しています。
平成18年2月10日に、東京ガス(株)神奈川西支店の協力を得て、「かんたんエコ・クッキング」を実施しました。

エコクッキングメニュー

この日のメニュー

  • ドライカレー
  • イタリアン卵スープ
  • キャロットオレンジゼリー

チラシでゴミ箱を作ります。

 野菜くずなどを、そのまま流しにためてしまうと、
 その後に流した水まで汚れてしまいます。
 野菜くずは、こまめに捨てましょう!

 また、台所から出る生ゴミは、その約80%が水分です。
 水分を多く含んだ生ゴミは、重くなるばかりか、
 燃えにくくなってしまいます。
 チラシのゴミ箱は、生ゴミの水分を吸ってくれます。
 コンポストを使うのもオススメです。


ゴミ箱の完成見本

ゴミ箱の作り方

調理実習のようす

調理実習の様子1

 まずは、講師から調理方法の案内に合わせ、
 「エコ・クッキング」の取り組み紹介がありました。

 その後は、5班に分かれて調理実習のスタート。
 「野菜はできるだけ皮まで食べる」「水をできるだけ使わない」など、環境を意識しながら調理に取り組みました。


調理実習の様子2

片付けのようす

古布の切れ端で鍋の汚れをふき取ってから洗います。

 古布(Tシャツの切れ端など)を5センチメートル四方くらいに切って、まとめておきます。
 食器や鍋を洗う前に、残ったソースや油をふき取ってから洗えば、洗剤をたくさん使わないでも簡単に汚れが落ち、またその分水も汚れません。

 ちなみに、
 マヨネーズ大さじ1杯(15ミリリットル)を流してしまうと
 魚が住める水質に戻すためには、
 お風呂(200リットル)の水が19.5杯
 必要になります。


水道の蛇口に使用量が分かるメーターを取り付けました。

 片付けが終わった後に、
 料理で出た「生ゴミの量」と、調理や片付けに使った「水の量」を班ごと比較しました。
 その結果は

各班の生ゴミの量と水道使用量
生ゴミの量 水道の使用量
1班 45グラム 16.7リットル
2班 50グラム 15.2リットル
3班 60グラム 56.8リットル
4班 70グラム 34.4リットル
5班 55グラム 29.1リットル
  • 生ゴミの量 25グラムの差
  • 水道の使用量 41.6リットルの差

 今回、どの班も「できるだけ生ゴミを出さない」「できるだけ水を使わない」ように気をつけて取り組みましたが、班によって、「生ゴミ」「水」ともに大きな差が出ました。
 みなさんが毎日の料理など、生活の中でほんの少しだけ「環境」のことを考えて生活するだけでも、積み重なると大変な節約になります。
 いつまでもきれいな地球を守るために、小さなことから取り組みましょう!


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課 温暖化対策担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る