現在の位置:  トップページ > 観光・イベント > 観光 > 茅ヶ崎市のイベント > 茅ヶ崎海岸浜降祭 > 茅ヶ崎海岸浜降祭について


ここから本文です。

茅ヶ崎海岸浜降祭について

ページ番号 C1006924  更新日  平成28年7月6日

茅ヶ崎海岸浜降祭~暁の祭典~

浜降祭

茅ヶ崎に夏の到来を告げる暁の祭典「浜降祭」。
毎年、7月第3月曜日(祝・海の日)に茅ヶ崎西浜海岸で開催されています。夜明けとともに茅ヶ崎市と寒川町の各神社から、大小合わせて約40基の神輿が集まり、「どっこい、どっこい」という相州神輿独特の掛け声も勇ましく、砂浜狭しと乱舞する光景は壮観です。

 昭和53年に神奈川県の無形民俗文化財に指定され、57年には『かながわのまつり50選』にも選ばれています。 「何時頃に行けば、御輿が海に入る姿(=みそぎ)をみることができますか?」というお問い合わせを、よくいただきます。
 御輿が海に入るのは、入場時の5時から7時の間と、式後御輿が帰路に出発する(=お発ち)8時頃ですが、通常お発ちの際に海に入ることが多いので、8時頃がおすすめです。
 ただし、8時に来ても見やすい場所で見られるとは限らないため、もう少し早めに来る方がいいかもしれません。また、天候によっては海に入らない場合もあります。


浜降祭のはじまり

しんじ

 浜降祭の起源については、諸説がありますが、話をまとめてみると次のような説に集約されます。

 今から170年ほど前の天保9年(1838)、寒川神社の神輿が例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大磯町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で寒川の氏子が争いを起こし、川に落ちて行方不明になってしまいました。
 その数日後、南湖の網元である孫七さんが漁の最中にこのご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられています。


hamaori8

 一方、江戸時代後期に幕府がまとめた『新編相模国風土記稿』によると、鶴嶺八幡宮では、寒川神社のお礼参りよりずっと古い時代から、心身の罪や穢れを清める「みそぎ」の神事を行うため、毎年、浜辺への渡御が行われていたとあります。
 このように両神社の伝承は、古くから語り継がれ、それが後世になって合体して定着し、その後明治9年(1876)にこれまで旧暦の6月29日に行われていた「みそぎ」神事を新暦の7月15日と定め、名称も”浜降祭”と呼ばれるようになりました。


hamaori3

 また、平成9年(1997)には、例祭日を7月20日に変更しましたが、祝日の改正に伴い平成16年からは7月海の日(第3月曜日)に例祭日が再度変更となりました。
 

祭典の進行
午前4時30分ごろ: 一番神輿が祭典会場に入場(7時までに全部の神輿が順次入場)
   7時~  : 浜降祭合同祭開式
   8時ごろ : 一斉にお発ち(各神輿が帰路へ)
   9時ごろ : 終了

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

経済部 産業振興課 観光担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る