現在の位置:  トップページ > 日めくり茅ヶ崎 > 平成29年6月日めくり茅ヶ崎 > 6月21日 松風台まちづくり運営委員会が住まいのまちなみコンクールで入賞


ここから本文です。

6月21日 松風台まちづくり運営委員会が住まいのまちなみコンクールで入賞

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1025235  更新日  平成29年7月5日

住まいのまちなみコンクールで住まいのまちなみ賞を受賞しました!

掲載日
平成29年7月5日(水曜日)
取材場所
松風台
  • 前へ
  • 次へ

景観まちづくり市民団体「松風台まちづくり運営委員会」が住まいのまちなみコンクール(主催:まちづくり月間全国的行事実行委員会・一般財団法人住宅生産振興財団、後援:国土交通省)の住まいのまちなみ賞を受賞し、平成29年6月21日に住まいのまちなみコンクール表彰式に出席しました。

「住まいのまちなみコンクール」とは、住環境の維持管理によって良好なまちなみを形成している地区・団体を表彰・支援することで、まちなみの維持管理水準の向上を期待するものです。このコンクールは平成17年度(2005)から実施されており、今回は12回目、北は北海道、南は沖縄県まで、全国から各年度に5団体が表彰されています。これまで、60団体が受賞、県内では過去に横浜市2件、藤沢市1件、茅ヶ崎市松風台は4件目となります。審査委員会による厳正なる書類選考及び現地調査が行われ、松風台まちづくり運営員会が住まいのまちなみ賞に選ばれました。

同団体は、住民の熱意で生まれ、主な活動として住民協定の議決とその運用、新築案件での近隣説明会、空き家・空き地調査の実施、委員会だよりの発行等を行っています。その活動が松風台住民の工夫と住民・行政・専門家・民間検査機関と一体となって対応し、課題解決に向けて着実に取り組む姿勢が評価され、受賞の運びとなりました。

同団体は、住みよいまちづくりと美しいまちなみを次世代に継承して行くことを目標とし、平成21年に運営委員会の前身である「松風台住環境を考える会」が茅ヶ崎市の景観まちづくり市民団体に登録されました。その後、住民アンケートや学習会などを実施し、景観まちづくりアドバイザーからの助言をいただきながら平成24年度に住民協定を制定しました。協定の運用は、事前相談会と近隣説明会を軸に業者・施主・近隣住民の理解と協力により、住民協定は満たされ、住環境が維持されています。

表彰式の後、これまでの受賞団体からなる住民組織「住まいのネットワーク」の総会が開催され、住まいのまちなみづくりの活動の知恵を語り、住まいのまちなみづくり団体同士の横のつながりが構築されました。積極的に各団体同士で情報交換が行われ、今後の活動のヒントを得られ、活動意欲がさらに高まったようです。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る