現在の位置:  トップページ > 消防 > 消防からのお知らせ > バーベキューや花火などは「火」に注意!


ここから本文です。

バーベキューや花火などは「火」に注意!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034593  更新日  令和1年5月22日

バーベキューや花火などでは「火」に注意!

これから、行楽の機会が増える季節です。バーベキューや花火など、を使うことも少なくありません。使い方を誤ると大きな事故につながる事があります。正しく使い安全に楽しく過ごしましょう。

バーベキューではカセットこんろと着火剤の取扱いに注意しましょう                     

<着火剤>

バーベキューの火おこしによく使われるのが着火剤です。着火剤は揮発性・燃焼性が高いため、点火するときは、十分な距離を取り、適量を守り、継ぎ足しは絶対にしないなど、取扱い事項を守って正しく使いましょう。

<カセットこんろ>

アウトドアでカセットこんろを使用していて、着装したカセットボンベが爆発する事故が多発しています。原因は誤った使い方によるもので、カセットボンベは、過剰に加熱されると爆発につながります。また、こんろを覆うような大きな鍋や鉄板などを載せたり、2つ以上のこんろを連結して使用しないようにしましょう。

<炭の処理>

一度火のついた炭は、水をかけただけでは簡単には消火できません。水の中に長時間浸けたり、火消し壺に入れたり、砂をかけたりして、完全に火を消して安易に放置せず適正な処理をしましょう。また、枯葉や燃えやすいものの近くに炭を放置するのは絶対にやめましょう。

花火はルールを守って安全に楽しみましょう

22

花火は火薬や火を使う危険性がともなう遊びです。使い方によって大事故につながります。
次の点に注意してください。

  • 人や家にむけない
  • 衣服に火がつかないように注意する
  • 風の強い日はやらない
  • 水の入ったバケツを用意し、遊びが終わったら完全に消火する
  • 子ども達だけで遊ばない
  • 複数の花火に火をつけない
  • 正しい位置に正しい方法で点火する
  • 吹き出し、打ち上げなどの筒状の花火は、途中で火が消えても筒をのぞかない
  • ほぐして遊ぶことは絶対にしない
  • 近くに燃えやすいものがない、広い場所で行う
  • 取扱い事項を守る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防本部 予防課 予防担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-3119
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る