現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 市史編さん事業 > 茅ヶ崎市史現代


ここから本文です。

茅ヶ崎市史現代

ページ番号 C1006301  更新日  平成29年5月31日

茅ヶ崎市史現代第1巻から第10巻まで

茅ヶ崎市史現代について

戦後の市民生活の推移・市勢の伸展を検証し、茅ヶ崎市のまちづくりに役立てるとともに、市民が歴史や文化遺産を認識・継承し、また、学校・地域など様々な場で幅広く活用されるようまとめたものです。

 

茅ヶ崎市史現代一覧

 
  書名  主な内容 刊行年 価格 送料
第1巻 通史・六〇年の軌跡 戦後60年の歩みを、膨大な資料や様々な証言を基に書き下ろした本市の現代史。 平成18年 2,000円 450円
第2巻 資料集I
茅ヶ崎のアメリカ軍
太平洋戦争末期から昭和34年の辻堂演習場返還までの戦後復興の過程を、豊富な米国資料やインタビューからたどる資料集。 平成7年 3,000円 560円
第3巻 資料集II
戦後日々の記録
戦後復興と市民生活の断面を物語る資料集。 平成10年 3,000円 560円
第4巻 資料集III
茅ヶ崎の暮らしを語る
戦後復興から今日に至る半世紀の市民生活の移り変わり、市勢の伸展などの姿を、社会の様々な分野で活動された方々のインタビューから眺めてみる時代の証言集。 平成15年 2,300円 560円
第5巻 新聞集成I
市民の表情(1945~68)
昭和20年から43年までの本市に関する新聞記事を収録した。 平成4年 5,500円 560円
第6巻 新聞集成II
市民の表情(1969から1985)
昭和44年から60年までの本市に関する新聞記事を収録した。 平成5年 5,500円 560円
第7巻 地図集
大地が語る歴史
茅ヶ崎の地理地形の成り立ちを、豊富な村絵図・地図・航空写真等を駆使して説明した。 平成6年 5,000円 560円
第8巻 図説
市民の半世紀
戦後50年の市民生活の推移を写真、グラフを盛り込んだ、目で見る戦後史。 平成13年 2,000円 350円
第9巻 ちがさきクロニクル
1945-2002
戦後の市民生活の推移と市勢伸展の経緯を1年ごとの主な出来事と関連年表で紹介した年代記。 平成17年 2,800円 350円
第10巻 レンズのなかの茅ヶ崎
昭和の記憶
昭和30年代の貴重な写真を中心に、今では撮影することもできなくなったなつかしい風景など、市民生活の推移・市勢伸展の跡を紹介する写真集。 平成20年

販売終了

 

(注)茅ヶ崎市史現代は、ハマミーナまなびプラザ・茅ヶ崎ゆかりの人物館・茅ヶ崎市立図書館・公民館などで閲覧できます。

(注)第10巻につきましては、完売いたしました。誠に申し訳ございません。

 

なお、郵送をご希望の場合は、冊数により送料が変更となる場合がございます。

詳しくは下記リンクの購入方法をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化生涯学習部 文化生涯学習課 市史編さん担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る