現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 都市型エコミュージアム! ちがさき丸ごとふるさと発見博物館 > 古民家(市重要文化財)を生かした事業(平成22年8月28日)


ここから本文です。

古民家(市重要文化財)を生かした事業(平成22年8月28日)

ページ番号 C1006176  更新日  平成30年1月12日

むかしのくらしと文化財を学ぼう!

親子で土間で柱や梁の説明をきいているところ

堤の古民家(旧和田家)で小学生の親子でむかしの遊びやくらしを体験しました。

むかしの遊び 缶げた

缶げた遊びをしているところ

地方によってげたのひもの通し方が違うそうです。
じょうずに乗れたかな?

むかしのくらしと紙について

新聞紙できものを作ってみました。

紙の歴史や日本人の工夫した利用方法について学びました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る