現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 七堂伽藍跡建碑60周年記念事業 > 12月17日 記念シンポジウム「未来につなぐ文化財~七堂伽藍跡碑に込めた想い~」


ここから本文です。

12月17日 記念シンポジウム「未来につなぐ文化財~七堂伽藍跡碑に込めた想い~」

ページ番号 C1027099  更新日  平成29年10月25日

イベントカテゴリ: イベント 講座・講演 その他  ジャンル:文化・歴史・生涯学習

sinnpojiumu
(2016年に行ったシンポジウムの様子)

開催日
平成29年12月17日(日曜日) 9時40分~16時30分 (9時20分開場)
会場

市役所
茅ヶ崎市役所分庁舎6階コミュニティホール

内容

建碑60周年を迎える七堂伽藍跡碑をとおして、地域と文化財(史跡)とのかかわりについて考えていきます。

講師

(1)趣旨説明・基調講演「七堂伽藍跡碑の意味するもの」

   大村浩司(茅ヶ崎市教育委員会)

(2)報告1(仮題)「文化財の担い手たち~地域における文化財保護の歩み~」

   須田英一氏(法政大学兼任講師)

(3)報告2(仮題)「地域と史跡~相模原市における文化財の保存と活用~」

   中川真人氏(相模原市博物館学芸員)

(4)報告3(仮題)「遺跡と学校教育~学社連携授業の事例~」

   鴨志田 聡氏(元松波小学校教頭)

(5)報告4(仮題)「史跡の保存・活用と市民協働~橘官衙跡史跡保存会、影向寺重文・史跡保存会の活動~」

   栗田一生氏(川崎市教育委員会)

(6)記念公園「これからの考古学 文化財 文化遺産」

   松田 陽氏(東京大学准教授)

(7)討論・コメント テーマ「未来につなぐ文化財」

   パネリスト 講演者・報告者

   振興・コメンテーター 近藤英夫氏(東海大学名誉教授)、田尾誠敏氏(東海大学非常勤講師)

対象

一般(大人)、シニア

定員

200名

(注)入場無料、先着順、申込不要

費用

無料

託児

なし

主催

茅ヶ崎市教育委員会

申込み

不要

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 文化財保護担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る